v.o.c - column vol.11

Vapor On Curry (v.o.c) - column vol.11

 

Vapor On Curry (v.o.c) 不定期コラム「長野ぶらぶら節」第十一回

 

〜 POPの定義 〜


トレンドとかヒットであるとか、とりたててインパクトの無い流行が続いているように感じる。そう思ってしまうのは、ただ単に自分が歳をとったからという理由で一向に構わないのだが、そんな中でPOPというカテゴリーもまた年々影が薄くなっているように感じる。それというのも、結局今までなんでもかんでもPOPと形容してきたせいで、すっかり意味のわからないものになってしまったからなのではないかと思う次第である。しかしPOPといわれて思い浮かべるイメージが、まったくのアメーバのようになってしまったわけでもないと思うので、ここで自分なりにPOPのイメージに近づくことができれば、それなりに意味のあることなのかもしれない。

 

結論からいってしまうと、まずイケてるというようなことを現すHIPという言葉があった。そしてPOPとはHIPと同意であるのだが、HIPに認定される前段階のもの、次にHIPになるものであり、次々と中身が入れ替え可能なものがPOPなのではないだろうか。日本文化でいうと、「顔ちっちゃい」は不動のHIP認定であるが、「茶髪」はPOPといったところか。といってしまうとHIPの定義が必要になってしまうが、歴代のHIPを例に考えてみると、キリスト教支配の強い地域における禅思想のように、ある文脈においてOUTなものが日常の中に入り込んだときに新奇に見えるというのがひとつの基準であるように思う。だから必然的にひんしゅくを買うものであり、好奇の目で歓迎されるものであるといえる。

 

そこで現在のPOPに立ち返ってみると、もっぱら歓迎を現す意で用いられているように思えるPOPという言い方であるが、今一度ひんしゅくの濃度に目を向けてみると、どれだけPOPであるか歓迎の度合いが立ち上がってくるのではないだろうか。POPの本質的な部分とはひんしゅくの方にあるのだと思う。

 

f:id:nami_to_kami:20190815170600j:plain おやつの時間です。

 
 
 
-------------------------------------------------------------------------
 

2019年9月15日、メルボルンのLONG HOURSの来日松本公演にVapor On Curryが出演!

 

LONG HOURS JAPAN TOUR 2019 松本公演

 9月15日(日)松本 Give me little more.(長野県松本市中央3-11-7)

出演:LONG HOURS(from Australia)、Vapor On Curry、LOCAL REFRESH、おしゃべりアート

開場 5:30pm/開演 6:00pm

料金 2,000円(予約/当日とも)*ドリンク代別

予約:会場(give.melittlemore@gmail.com

 

詳細はコチラ→ (http://givemelittlemore.blogspot.com/2019/08/2019915long-hours-japan-tour-2019.html

 

-------------------------------------------------------------------------
 
 

Vapor On Curry(ヴェイパー・オン・カリー)プロフィール:

f:id:nami_to_kami:20190713165123j:plain

:90年代よりヒップホップ、テクノからの影響を受けトラック制作を始め、並行してスラッシュ・パンク・バンドのsynchro9、ポスト・ロック、ポスト・ジャズ・グループの暮シノ手錠などでも主にベースプレイヤーとして活動し、ソロ転向後は長野の裏番的トラック・メーカーとして、チープでオールドスクールな電子ラウンジからグリッチ&ダビーでダウンテンポなトラック・メイキング、さらにはメロディアスでキャッチーな胸きゅん&甘酢サウンドで暗躍する「犀南のJay Dee」と呼ばれるローファイ・トラック・メーカーのVapor On Curry(カレーの湯気)。自身によるレーベルTHOUSAND TUNEも運営。また、長野のネオンホール月報での定期コラムや、松本のイベントnami to kamiでのコラムを不定期で執筆。aotoaoレーベルからリリースされた『casiotone compilation vol.3』においてヒットを飛ばし、2018年末には、これまでのリリース作品を独自にまとめたベスト盤ともいえる『Acceptance』をリリース。さらに今夏にはクミン・ウェイヴなトラック・メイキングに加えてスモーキーな独特のフロウスタイルによる自身のラップによる新境地を開拓した新作アルバムも発表したばかり。

https://soundcloud.com/fourleafmusic/sa-1   (v.o.c - track for casiotone compilation vol.3)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

v.o.c - column vol.10

Vapor On Curry (v.o.c) - column vol.10

 

Vapor On Curry (v.o.c) 不定期コラム「長野ぶらぶら節」第十回

 

〜 ビートメイクを考える 〜


以前雑誌「DOLL」のことを書いたが、今回は「FRONT」である。なぜかというとビートメイクに煮詰まっているからだが、これがまた毎度のことであるため、この際ヒップホップについて何か書き留めておくのが精神的にもいいのではないかと思った。壁にぶち当たったときには基本に帰ってみるのがいいと思って、オールドスクール期に何が起きていたのかを確認するために「FRONT」を読み返しているというわけだ。

 

僕はもともとビートメイク=作曲というものだと思っていたが、最近サンプリングでビートを作っていて、サンプルを使うか使わないかでビートメイクに対するアプローチに差があることに気が付いた。最終的にはビートの仕上がりに影響することなのだが、自分で感じるところではサンプリングビートの方が出来がいいし、楽曲としてもブレイクスルーしている感じだ。理由はサンプリング元のサウンドがすでに完成されている分下駄を履かせてもらっているからなのだが、シンセでゼロから作曲することとの違いはそれだけではない。一番はメロディーに対するアプローチで、ゼロから作っていく場合は自由に弾けばいいけど、サンプリングする場合は制約のあるなかでなんとかするということになる。しかし、結果としてはメロディーだけを取り出してもサンプリングビートの方が満足出来るものが出来上がるのだから不思議だ。

 

結果論でいえばサンプルを使った場合はもっぱら音を聴くことと選ぶ作業に集中しているので、自分の個性を出せる部分は選んだ結果というところにしか現れないことになるが、ゼロから鍵盤に向かうときは、もっと漠然とした状態の中を手探りで始めるので、完成度を突き詰める手前で力尽きてしまうということはあると思った。(全ては選択にすぎないという言葉を何かの芸術関係の本で読んだことがある。)

 

次にサウンド面について。サンプリングした場合、たしかにお金を払ってサウンドを使わせもらうことで、お客さんに受ける曲、斬新な曲等を作ることが可能になるのだが、別の問題としてオールドスクール期に発見されたブレイクビーツという方法を発展させていけばそれでいいのかという、ヒップホップをフォローしてきた世代ゆえの課題がある。

 

そして、その課題に対しての答えの一つにTR-808(ヤオヤ)リバイバルがあると思うが、方法論としてはアフリカバムバータが「プラネット・ロック」でやっていたことの延長線上にあり、課題に対しての答えになっているかについて疑問符が残るとはいえ、いいとこ突いてくるなとは思った(クランクからの流れもあるのかも)。ビートメイクのフォーマットの更新とは、ビートメイカーにとっての課題であるが、ブレイクビーツという方法論を発展させる方向がいままでの本流だったことに対し、方法論を発展ではなく転用した例はあまりない。

 

そんな訳で、ビートメイクに関しての自分の見解は、Vapor On Curryの音源で結果を発表していきたい。ビートメイクがいわゆる打ち込み、EDM・ポップ・R&Bの範疇に収まってしまうのは少しさみしいと思うからだ。

 

しかし、ここまで書いてみてなんだが、こうして自分の考えを整理してみると、自分のビートメイクについてのこだわりが緩くなっていくことに気が付く。かといって、自分はあっさりとポップなことが出来る人ではないと思うが。

 

f:id:nami_to_kami:20190530074000j:plain 連載 rotten apple dwellers は必読

 
 
 
-------------------------------------------------------------------------
 

2019年7月13日、地元長野県ではなんと8年振り?となるライブ出演が決定!

 

『shibata & asuna/MOON FACE BOYS  Release Party』

 7月13日(土)松本 Give me little more.(長野県松本市中央3-11-7)

出演:Vapor On Curry、MOON FACE BOYS、shibata & asuna

開場 5:30pm/開演 6:00pm

料金 2,000円(予約/当日とも)*ドリンク代別

予約:会場(give.melittlemore@gmail.com

 

詳細はコチラ→ (http://www.sweetdreamspress.com/2019/06/moon-face-boysshibata-asuna-shibata.html

 

-------------------------------------------------------------------------
 
 

Vapor On Curry(ヴェイパー・オン・カリー)プロフィール:

:90年代よりヒップホップ、テクノからの影響を受けトラック制作を始め、並行してスラッシュ・パンク・バンドのsynchro9、ポスト・ロック、ポスト・ジャズ・グループの暮シノ手錠などでも主にベースプレイヤーとして活動し、ソロ転向後は長野の裏番的トラック・メーカーとして、チープでオールドスクールな電子ラウンジからグリッチ&ダビーでダウンテンポなトラック・メイキング、さらにはメロディアスでキャッチーな胸きゅん&甘酢サウンドで暗躍する「犀南のJay Dee」と呼ばれるローファイ・トラック・メーカーのVapor On Curry(カレーの湯気)。自身によるレーベルTHOUSAND TUNEも運営。また、長野のネオンホール月報での定期コラムや、松本のイベントnami to kamiでのコラムを不定期で執筆。aotoaoレーベルからリリースされた『casiotone compilation vol.3』においてヒットを飛ばし、2018年末には、これまでのリリース作品を独自にまとめたベスト盤ともいえる『Acceptance』をリリースした。

https://soundcloud.com/fourleafmusic/sa-1   (v.o.c - track for casiotone compilation vol.3)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

v.o.c - column vol.9

Vapor On Curry (v.o.c) - column vol.9

 

Vapor On Curry (v.o.c) 不定期コラム「長野ぶらぶら節」第九回

 

〜 MDポータブルレコーダー MT831A (SHARP) 〜


90年代後半から、レコーディング機器はデジタル録音がスタンダードとなっていきましたが、その頃一般的にはまだまだカセットテープの現役感も残っていたように思います。個人的にはラジカセのカセット・プレイヤーの故障をきっかけにして、MD(ミニ・ディスク)を導入したのかなと今となっては推測します。というのも、買った動機が全く思い出せないからです。ごめんよ、ミニ・ディスク。

 

その現役時代の短さ故に顧みられる事も無いMDですが、バンドのリハスタやライブ録音に大活躍してくれました。ヒスノイズの無さや、再生時のスタート・ポイントのマーキングの手軽さ等カセット・テープと比べると格段に使い勝手の優れたメディアであるにもかかわらず、ラジカセにはあった音のマジック、24bitなのになんだか物足りない音質と、アンダー・レイトされている感は否めません。人間と音の記憶のつながりってとても繊細なものなんですね。

 

しかしこのMD、今でもDVDから音を録音してオリジナル・サントラを作ったりと、なにげに存在感を発揮しています。タイム・フリーなネット時代においても、サウンドの再録込みの容易さと編集の簡単さにおいては、カセット・テープ譲りの外に開かれている感覚がこの時代の機材には残っています。

 

f:id:nami_to_kami:20190228125100j:plain

お気に入りのステッカー(上から、 BURNING SPIRITS、BUDDHA BRANDRHYMESTER、NEXTLEVEL、URBAN TERROR)でカスタムしたMDプレイヤー
 
 
 
-------------------------------------------------------------------------
 

2019年7月13日、地元長野県ではなんと8年振り?となるライブ出演が決定!

 

『shibata & asuna/MOON FACE BOYS  Release Party』

 7月13日(土)松本 Give me little more.(長野県松本市中央3-11-7)

出演:Vapor On Curry、MOON FACE BOYS、shibata & asuna

開場 5:30pm/開演 6:00pm

料金 2,000円(予約/当日とも)*ドリンク代別

予約:会場(give.melittlemore@gmail.com

 

詳細はコチラ→ (http://www.sweetdreamspress.com/2019/06/moon-face-boysshibata-asuna-shibata.html

 

-------------------------------------------------------------------------
 
 

Vapor On Curry(ヴェイパー・オン・カリー)プロフィール:

:90年代よりヒップホップ、テクノからの影響を受けトラック制作を始め、並行してスラッシュ・パンク・バンドのsynchro9、ポスト・ロック、ポスト・ジャズ・グループの暮シノ手錠などでも主にベースプレイヤーとして活動し、ソロ転向後は長野の裏番的トラック・メーカーとして、チープでオールドスクールな電子ラウンジからグリッチ&ダビーでダウンテンポなトラック・メイキング、さらにはメロディアスでキャッチーな胸きゅん&甘酢サウンドで暗躍する「犀南のJay Dee」と呼ばれるローファイ・トラック・メーカーのVapor On Curry(カレーの湯気)。自身によるレーベルTHOUSAND TUNEも運営。また、長野のネオンホール月報での定期コラムや、松本のイベントnami to kamiでのコラムを不定期で執筆。aotoaoレーベルからリリースされた『casiotone compilation vol.3』においてヒットを飛ばし、2018年末には、これまでのリリース作品を独自にまとめたベスト盤ともいえる『Acceptance』をリリースした。

https://soundcloud.com/fourleafmusic/sa-1  (v.o.c - track for casiotone compilation vol.3)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

v.o.c - column vol.8

v.o.c (Vapor On Curry)不定期コラム「長野ぶらぶら節」第八回



 曽我井環(そがいたまき)さん


いま僕は訳あって節約モードなのですが、まあまあ退屈せず、日々が安上がりに過ぎていきます。例えばラジオを聴いていて、何気にあなどれないネタを耳が掴むことがあったり、図書館を利用して読書をしたり、はまると気が済むまで芋づる式に貪れます。

その図書館に僕が行くとき、いつも居るその人の存在感たるや。

一応説明しておきますと僕は現在失業中の身で、行こうと思えば図書館にいつでも行くことが出来、失業した当初は気が向いたときに図書館に行っていたのですが、その人は僕がまったくランダムに図書館に行ってもいつもそこに居ました。世代も雰囲気も何か僕に似ているその人のことを、僕は仮に曽我井環さんと名付けることにしましょう。

仕事が無いことになんとなく負い目を感じている僕は、まず図書館に行く曜日を金曜日又は土日祝日の内のどれかと決めることにしました。週に休みが二日ある設定です。また、図書館に長居はしません。借りたい本を検索してから棚をチェックして借りるか、即目的の本棚に直行、ときにはリクエストを用紙に記入して申し込み、そしてサッと帰り忙しい自分を演出。帰り際に周囲を見回すと曽我井環さんが本を読んでいます。今日は居ないのかと思うと駐車場に居る。

ある平日の午前中、メンズデーだったので映画館に行きました。映画が終わるとちょうど昼飯時、昼食を終えたサラリーマンがちらほらと目に付くアーケードを歩いていると、その中に曽我井環さん。黒地に水玉のワンピースを着た老女の姿です。

多くの人々が外に繰り出す週末、ふと部屋に気配を感じる。「一人も良いと思いますけどね、だって一見楽しそうな家族連れやカップル、本当はこいつとは一緒に居たくないなって思ってる人、絶対居るでしょう。」と曽我井さん。「さすが曽我井さん、確かにそういうこともあり得ますね。」と僕。気が付くと曽我井さんは消えているのでした。




飛び出すな坊やの女の子ver.を発見





























.
















.

v.o.c - column vol.7

v.o.c (Vapor On Curry)不定期コラム「長野ぶらぶら節」第七回



 PUNK雑感


DOLL(雑誌)のバックナンバーを読むのが好きで、今まで何回も読み返しているのですが、年を経て解釈が変わるところもあり、買っていた当時は内容全然分かってなかったなーって思います(僕が持っているのはだいたい90年代から2000年までの分です)。インタビューとかで社会問題に関わる内容とか、これ今でも通じるところあるなと思ったり、そういう部分って問題の本質を突いているから時代が少し変わったぐらいでは変わらないんだろうなって思ったり、その人の生き方とか言ってることとか、基本的に建設的なこと言っていたんだなって今は分かります。

英米と国内を比較してみて面白いと感じたのが、英米ではロック、ポップスの権威化したところへのカウンター的に新しいカテゴリー(例えばPUNK)が生まれ、一時的に権威が無効化され、それがカタルシスを生む。という運動に対して、国内ではその新しいカテゴリーに(海外ではこうだからっていう)権威が付随して輸入されてしまう為に、カウンターのパラドックスというか、本来カウンター足り得る新カテゴリーが機能不全を起こしてしまう。そして、それに対するポップス(ネイティブ権威)がカウンターの様に見えるという構図が見立てられてしまう。と僕は思うのですがどうでしょうか?そういう意味でいうと音楽分野に置いては、なかなかダイナミックな運動を見ることが出来ない。しかし新しいカテゴリーが増える度にポップスのパイが増えるということもダイナミズムの一つだなと思います。

しかしながら、DOLLを何回読み直してみても答えが人それぞれっていう問題がありまして、それは「では、現在のPUNKとは何か?」という問いです。やっぱり死ぬまでにでっかいカタルシスを味わってみたいなあ、なんてことを考えてDOLLのバックナンバーを手に取っているんでしょうけど、賛否両論あってしかも笑えることが面白いなと思うので、笑いを地道に追求するのも一つかな、なんて思います。































.
















.

v.o.c - column vol.6

v.o.c (Vapor On Curry)不定期コラム「長野ぶらぶら節」第六回



 ZINE化するZINE類


僕はZINEって、「かっこいいよなー」「クールだよね」なんて思う方なんですけど、人によっては「別に…」って思うようなものだと思うんです。今は個人で発信出来るメディアがデジタルで、SNSとか有るから。例えば、僕が「ZINEかっこいい!」って入りは良しとして、一冊作り上げる楽しさって「かっこいい」って動機だけじゃ出来ないと思うんですよ。だから、作ってる最中は別のモチベーションが必要ってことだと思うんです。それで、僕ZINE作んの向いてないかもなって、なってしまうんですけど。

そしたら、そのZINE作りたいって感情はなんなの?って思って、とりあえずZINEは作らないってことにして、なにか別のものをZINEに見立てて何かしてみたらどうかなって思って、なんかZINEっぽいものってあるかなって、考えてみたんですけど。そういえば人間ってZINEっぽくない?って思って、服装ってカバーだし顔は表紙かな?とか、体格とか能力なんかは仕様で、感じ方とか考え方とかは内容、みたいな感じで。例えば人と会って話したりするときに、場所をセッティングしたりとか、どういう対話が出来るかとかはレイアウトとか流通になるのかな?とか。

なので、ZINEを作りたいって思った時に、素の自分って料理でいうところの食材っぽいなと思うんですけど、いっそのこと自分を擬ZINE化して自分を調理してやろうかなって考えてみるのは、なにかしらモチベーションが必要なときに、何かに気が付く切っ掛けになると思って、そうしてみようかなと思いました。

結局一番小さなメディアって本人ってことだと思うんです。そして、僕がしたいことって僕のことを他の人に認知してもらうってことなので。だから僕は別にZINEを作らずに「友達に会え」ってことになってしまうんですけど…最初の欲する衝動と本当に自分に必要なものって、別物っていうのはよく起こることだと思うんですよね。



DOLLのバックナンバーを心置きなく立ち読みしたい





























.
















.

v.o.c - column vol.5

v.o.c (Vapor On Curry)不定期コラム「長野ぶらぶら節」第五回



どうも、信州生まれ信州育ち、行動パターンはだいたい思い付き、成り行き任せ系ビートメイカー、v.o.cです。


 モヤ期


モテキ」以降モテ期って言葉をあまりみんな使ってないと思うんですけど、人生に三回来るっていう。ですが、もやもやする時期「モヤ期」は、何回も来ると思うのです。リバイバルするモヤ期もあれば、新たに来るモヤ期もあり、スッキリする時期はほんの少しの間だけだし、スッキリしたかと思えば次のモヤ期が、そして、もはやもやもや出来ない程疲れている時期もあったり。結局モヤ期はデフォルトで、モヤ期を綱渡りするようにバランスを取りながら生きて行くのが本来の姿であり、むしろこちら側からモヤりに行く的な、積極的にもやもやしたい欲求にすら駆られる今日この頃です。

しかし、視野に入るものは見たいものだけ。どうしたって自分の思い込みを強固にする方向にしか行動出来ない。最新のモヤは、カンヌ国際映画祭でした。「山田孝之のカンヌ映画祭」を見たことが切っ掛けでしたが、とりあえず今観られるもの『BPM』『女は二度決断する』『万引き家族』を観ました。いったい、僕はカンヌ映画祭の何を見たくて何を確認したかったのか、というのはどうでも良くて、見逃しているものは何かないかを思い出すことの方が大事です。なにしろ、欲望で動く限り自分の思い込みを強固にすることしか出来ず、自分の都合の良いスッキリをしてしまっていてはモヤれないではないですか。

とりあえず、上記三作品を観たうえで自分の視野に入ってはいたけれど観てはいなかったことはなんだろうと考えてみたのですが、それは人権に関することのような気がしました。今カンヌは『人権』なのかなと思ったのです。一応どの映画の中にもそういったメッセージがあるように僕は感じたし、憲法で保障されている人権が憲法の下に位置する法律によってブロックされて、そもそもの人権が侵害されている現実をどう思いますか?と問いかけられた感じがしたからです。なので、僕は口喧嘩ではホント勝てると思ったことがないくらい言葉が遅いのですが、人権に関するロジックは持っていないとヤバイなと考えました。自分のことを思い返してみても、人権と言われてもなんだか遠慮というか、過小評価している気がするのです。リーガルかイリーガルかで思考停止している場合ではなくて、そんなことよりももっと自分の身近にあるものが人権だと思ったんです。




夏の夕焼け




























.
















.